自民党ウインタースポーツ&リゾーツ議員連盟総会

 表記の議連総会が11月6日に開かれ、日本スノースポーツ&リゾーツ協議会、全日本スキー連盟、日本プロスキー教師協会、日本鋼索交通協会が出席し、国際観光旅客税が創設されたこの機会に、索道施設の更新のための補助金の創設など、魅力的なスノーリゾートを形成するための取り組みに対する支援措置をお願いする旨の要望書を提出しました。冒頭遠藤利明会長のご挨拶の後、当協議会の北野貴裕会長、日本プロスキー教師協会の中島英臣会長、日本鋼索交通協会の星野寛会長がそれぞれ挨拶をした後、当協議会の岩尾隆専務理事から要望書説明、各省庁から関連施策の説明等がなされました。質疑の後、下記の決議をしていただきました。

 要望書、決議及び付随資料については下記よりご覧になれます。

要望書

決 議

資料1

資料2

資料3

出席いただいた議連メンバー(順不同、敬称略)

衆議院議員 遠藤利明先生(山形一区)、小渕優子先生(群馬五区)、馳浩先生(石川一区)、中村裕之先生(北海道四区)、務台俊介先生(比例北陸信越)、高村正大先生(山口一区)、越智隆雄先生(比例東京)、田畑 裕明先生(富山一区)、参議院議員 朝日健太郎先生(東京)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です